FAQ

区分を選択してください!

Q.ライセンス体系について教えてください。
A.「SI 作って教材」は、クライアント数単位のライセンスです。登録される人数によって価格変更します。

Q.データベースを二重化した場合のライセンスは?
A.データベースの二重化は、その目的がデータの保全性にあるので、ライセンスは1つでかまいません。

Q.Webサーバーを二重化した場合のライセンスは?
A.「SI 作って教材」は、ロードバランサーなどでWebサーバーを並列稼働させて使用することが可能です。データベースライセンスなので、その場合でもライセンスは1つで済みます。

Q.教材数や生徒数の制限はありますか?
A.教材数に制限はございませんが、生徒数は購入ライセンス数によって制限がございます。ただし、クライアント数無制限もご用意しております。

Q.2つのドメイン(.comと.co.jpなど)からアクセスする場合のライセンスは?
A.あくまでもデータベース単位のライセンスなので、データベースが1つであれば1ライセンスでOKです。

Q.クライアント数の制限などはありますか?
A.「SI 作って教材」のクライアント数はご購入されたライセンス数によって変動します。

Q.価格にはRDBMSのライセンスも含まれていますか?
A.製品にはRDBMSの価格は含まれていません。別途RDBMSのライセンス購入が必要です。

Q.カスタマイズした部分の著作権は?
A.ユーザーがカスタマイズ作業で追加した部分の著作権は、原則的にユーザーが得ます。ただし、元のプログラムを修正した程度である場合は、弊社の著作権が優先されます。

Q.製品に同梱されるものは何ですか?
A.製品プログラムオブジェクト、インストールマニュアル、オペレーションマニュアル、DB作成スクリプト、テーブル定義書が1枚のCD-R媒体で「ソフトウェア使用許諾契約書」封筒に入って提供されます。それに加えて「保守サポート契約申込書」が同梱されます。

Q.1つのサーバー上に複数製品を導入できますか?
A.はい。1サーバー内に複数の製品をインストールすることは可能です。インストール時のフォルダ名を変更し、仮想ディレクトリとDB接続に注意していただければ簡単に構築できます。

Q.データベースの構築は、どうやれば良いのですか?
A.製品には、MSD/SQL Server用のSQLスクリプト(Create Table文)が入っています。SQLを実行してテーブルを作成してください。

Q.システム構築の概略作業手順を教えてください。
A.概略、次のような手順になります。1.サーバーのインストール、2.IISのインストール、3.インターネット接続環境の設定、4.RDBMSのインストール、5.「SI 作って教材」製品を解凍してセットアップ、6.テーブルの作成、7.分類マスタなど必要なマスタの登録、8.教材の作成、9.受講開始

Q.システム構築にはどのくらいかかりますか?
A.セットアップ自体はインストール作業とマスタ登録だけなので簡単に終わります。受講者の登録と教材作成は、容量によって異なります。

Q.プログラムソースを購入した場合、ソース公開の範囲はどこまで?
A.完全にソース公開しますので、テーブル定義だけでなく全てのソースを公開しています。ソース公開時には、設計書も提供します。

Q.プログラム言語は何ですか?
A.プログラムは、ASP(Active Server Pages)で作成しています。

Q.カスタマイズに必要なツールはありますか?
A.スクリプト言語なのでテキストエディタなどがあれば、特に必要なツールはありません。フロントページなどを使用して自由にカスタマイズすることもできます。

Q.カスタマイズを行うのに必要な知識、技術レベルは?
A.SI作って教材で使用しているASP(Active Server Pages)は、簡単なスクリプト言語なので、簡単にカスタマイズできます。ASPの技術があれば一番ですが、VBやHTMLの知識だけでも問題ありません。

Q.カスタマイズをお願いできますか?
A.はい。弊社または販売パートナーでカスタマイズを承りますので、お問合せください。

Q.ハウジングで稼働させることは可能ですか?
A.はい。フロント、バックともWebアプリケーションで作成していますので、ハウジングでリモートアクセス、帳票出力できます。

Q.SI社でハウジングサービスをしていますか?
A.弊社ではハウジングサービスは行っていませんが、提携ハウジング先をご紹介できますのでお尋ねください。

Q.ハウジングとホスティングはどう違うのですか?
A.サーバーの用意、管理をデータセンター側で行うのがハウジング、ユーザー側で行うのがホスティング(場所だけの提供)です。一般に、ホスティングは単純なホームページだけのレンタルサーバーが多く、eラーニングなどの場合はハウジングとなります。

Q.作成できる教材はどんなものですか?
A.「SI 作って教材」で作成できるWeb教材は、「テキスト」と「問題集」の2種類です。「テキスト」は階層型ページタイプのWeb教材、「問題集」は選択問題や穴埋め、論述型の問題教材です。

Q.問題集の問題形態について教えてください。
A.「問題集」の問題形式は、選択肢タイプ(ラジオボタン)と○×タイプ(チェックボックス)、穴埋式回答型(完全一致)、論述式(手動採点になります)の4種類をサポートしています。選択肢問題はマウスクリック回答方式で、最後にオンライン自動採点処理することが可能です。

Q.「問題集」の受講パターンは?
A.自習型、本番試験型(解答表示)、本番試験型(解答非表示)の3種類を用意しています。自習型の場合は、随時解答や解説を見ることができ、参考資料(テキスト型教材)を参照することもできます。本番試験の場合は、解答の最後に採点や解答を見れるパターンと見れないパターンを用意しています。

Q.「デザインとコンテンツ」の分離とはどういうことですか?
A.通常のWeb教材がhtmlオーサリング技術を使って、画像やテキストをデザインするタイプなのに対し、「SI 作って教材」は、データベース技術を使った新発想の教材作成ソフトです。既定フォームにテキスト(コンテンツ)を入力するだけで、Web教材のデザインが自動生成される方式になっています。

Q.画像や音声の登録はできますか?
A.はい。画像や動画、音声などをマウス操作だけで登録することができます。また、マイクロソフト株式会社の「Producer」及び、サイバーリンク株式会社の「StreamAuthor 2J」で作成したコンテンツもマウス操作で簡単に取り込むことができます。

Q.保守サポートの体系、料金について
A.年間保守料金は、パッケージ価格(定価)の15%です。保守の内容は、問い合わせ対応(原則メールのみ)とマイナーバージョンアップ版の無償提供です。上記価格は本体部分の保守価格であり、カスタマイズを行っている場合の料金は別途となります。

Q.保守サポートの期間と支払
A.保守サポートはパッケージ出荷日を起算日とし、翌年の同月末日までを初年度とします。支払は、パッケージ本体と同じく、出荷日の月末締請求で1年分を前払いしていただきます(特別な理由のない限り、途中解約時に返金は行いません)。

Q.保守サポート契約の締結は必ず行う必要がありますか?
A.初期導入当初は問合せなども多いので、保守サポート契約の締結は原則初年度必須という形でお願いしています。

Q.無償提供されるマイナーバージョンアップの定義は?
A.原則的には、パッケージバージョンの1桁目が変更になるものをメジャーバージョンアップ、2桁目以下が変わる場合をマイナーバージョンアップとしています。例えば、Ver2.1→Ver3.0はメジャー、Ver3.0→Ver3.1はマイナーです。

Q.過去のバージョンへのサポート期間について
A.過去のメジャーバージョンに対するサポート実施期間は、新メジャーバージョンリリース日から1年間となります。
また、OSおよびOSに付随するIIS、ブラウザ、データベースに依存する不具合については、該当製品のベンダーが対象製品をサポートしている場合のみ可能となります。ベンダーが既にサポート終了している製品に起因する不具合の場合は、原則対応できませんのでご了承ください

Q.保守サポートの対応時間帯
A.弊社でサポートを行う「直接保守サポート」は、原則的に月曜日〜金曜日の9時20分から6時までをサポート時間としています。ハードウェアではないので、24時間、365日など時間外の保守サポート対応は用意しておりません。

Q.「問題集」の場合の出題パターンは?
A.問題番号順、ランダム、問題分類区分別の3種類の出題パターンがあります。ランダムで再受講する場合は、未受講問題、間違った問題という優先順位で出題されます。問題分類区分別の場合は、「このジャンルから何問」というジャンル別の出題指定が可能です。

Q.教材の分類は?
A.教材を検索するために大分類、中分類、小分類の3階層の分類マスターを用意しています。教材作成時、どの分類に入るかを登録するだけで、教材の検索が容易に行えるようになります。問題集の場合は、さらに問題ごとに「設問分類」と「難易度」というジャンル登録が行え、得意ジャンル、苦手ジャンルなど受験結果の分析ができます。

Q.教材作成にhtmlの知識は必要ですか?
A.「SI 作って教材」は、決まったフォームにワープロ入力するだけで教材を作成できますので、htmlの知識が全くない人でも簡単にWeb教材を作成できます。htmlのタグも記入できますので、知識のある方が高度な教材を作成することも可能です。

Q.部門やクラスの考え方はありますか?
A.はい。グループという概念が用意されていますので、企業なら部門、学校ならクラスという単位で受講者を管理することができます。グループは3種類まで設定することができますので、たとえば部門、職種、入社年度などで区分することができます。

Q.受講者ごとに受ける教材を指定できますか?
A.はい。コース設定という機能が用意されていますので、簡単に行えます。例えば、新人営業職向けコースを用意し、新入社員をそのコースにエントリすることで、その社員はコースで指定されている教材のみを受講することになります。或いはグループごとのコースのエントリも行うことができます。

Q.セキュリティ管理はどのようになっていますか?
A.ログイン時にユーザーIDとパスワードでID管理しています。ユーザーは、システム管理者、教材作成者、受講者の3つの権限レベルに分かれており、さらに各利用者の詳細機能を細かく選択する事によって使用できるメニューが分かれています。

Q.画像と動画、音声を一緒に出せますか
A.はい。「テキスト型」教材はページ単位、「問題集型」教材は、問題単位で画像、動画、音声を同時に出せます。例えば、男女が会話している画像を表示した上で英語が音声として流れて、「女性は何についてしゃべっているのか?」という問題と選択肢を表示するような問題が作れます。

Q.社員や生徒の受講状況を管理できますか?
A.はい。受講履歴管理により、受講者がいつどの教材を受講し、問題集の場合はその点数やジャンル別の正解率まで管理できます。また、これらの結果を見て、管理者がアドバイスを登録することも可能です。

Q.問題集の採点は?
A.「SI 作って教材」は、オンライン自動採点機能となっており(論述式は手動採点)、管理者の採点負担を軽くしています。受験終了時に即座に採点結果を見ることができます。(結果を見せないことも可能です)

Q.協業を検討しているのですが、パートナー制について教えてください。
A.協業パートナーには、セールスパートナーとコンテンツパートナーの2つの制度があります。セールスパートナーは、パッケージの販売やカスタマイズ作業、カスタマイズパートナーは教材コンテンツの作成と販売をメインに行うパートナーです。詳細はkyozai@sint.co.jpまで問合せください。

Q.パートナーではないのですが、購入したい顧客がいるのでお仕切りしてもらえますか?
A.はい、再販売希望会社向けの仕切り価格が設定されています。また、セールスパートナーをご紹介して販売することも可能です。詳細はkyozai@sint.co.jpまで問合せください。