[  ホームページへ戻る  ]
■SI ObjectBrowser掲示板

[ 掲示板TOPへ ]
製品:
キーワード:
投稿日: 〜 
 よくある質問はFAQページをご利用ください (別ウインドウが開きます)
FAQ_OB FAQ_ER

投稿一覧を表示>>[ ツリー形式(詳細) ][ ツリー形式(タイトル) ][ 投稿順(詳細) ][ 投稿順(タイトル) ]


ユーザの皆様、開発者、サポート担当者の交流のための掲示板です!

※ライセンスに関するお問合せにつきましては、サポート宛にお問合せいただきますようお願いいたします。
※誹謗中傷や公序良俗に反する書き込みはご遠慮ください。運営側の判断によりメッセージを削除する場合があります。
※環境依存や技術的調査が必要な問題については掲示板上ではお答えしかねます。ご了承ください。
※◆のカラーは投稿の対象となる製品に対応しています。【…OB …OBER …全般 …その他】

<<先頭ページへ <前ページへ / 350 ページ次ページへ> 最終ページへ>>

データ取得時の通信速度について 2020/07/08 13:01:42
                    くま

Object Broser for SQLServerを使用しています
100万件のレコード取得を行ったところ、非常に時間がかかっており、
原因調査を行ったところ、通信速度が4Mbpsで頭打ちになっているようでした。

もう1つOB for SQLServerを立ち上げて、並列で動かしたところ、
通信速度が8Mbps(4Mbps×2)で頭打ちになっているようです。

過去にOB for Oracleを使用していましたが、その際は、上記事象は発生しませんでしたし、別製品(Microsoft SQLServer Management Studio)においても発生しません。
※ 常時50Mbps以上速度が出てます

上記より、環境のネットワーク機器等のスペックや仕様でないことを確認してはいますが、OB for SQLServerにおいて4Mbpsの制限等をかける仕様が組み込まれていたりしますでしょうか?
元の文章を引用して返信

 
Re: データ取得時の通信速度について2020/07/10 14:39:20  
                     OBサポート          oob.support@sint.co.jp

 こんにちは。
OBサポートです。

お問い合わせいただいた件につきまして、開発側に確認したところ
ご記載のような制限は特に行っていないとの回答がございました。

何卒、よろしくお願い申し上げます。
 
元の文章を引用して返信

 
Re: データ取得時の通信速度について2020/07/15 19:39:20  
                     くま

 了解しました。
ご回答、ありがとうございました。
 
元の文章を引用して返信

VERSIONパラメータによるバージョン指定の方法 2020/07/08 09:33:18
                    AP

ObjectBrowser18を利用しています。
ObjectBrowserで異なるOracleデータベース・リリースでの
エクスポートDataPumpの利用はできますでしょうか。
expdp.exeにおいて下位バージョンにデータを移行する際、
VERSIONパラメータ(VERSION=)によるバージョンの指定が
ObjectBrowserでは可能でしょうか。
ご教示よろしくお願いいたします。
元の文章を引用して返信

 
Re: VERSIONパラメータによるバージョン指定の方法2020/07/10 09:43:10  
                     OBサポート          oob.support@sint.co.jp

 こんにちは。
OBサポートです。

お問い合わせいただいた件につきましてですが、
あいにくSI Object Browser for Oracle 18ではVERSIONパラメータを
設定する項目がなく、ご希望に添えない形となります。

なお、最新バージョンであるSI Object Browser for Oracle 19では、オプションタブに
GUI上設定項目がないパラメータを入力可能なテキストボックスを設置しております。

可能でしたら、最新バージョンのご利用を検討いただけますと幸いです。

何卒、よろしくお願い申し上げます。
 
元の文章を引用して返信

 
Re: VERSIONパラメータによるバージョン指定の方法2020/07/14 17:13:57  
                     AP

 OBサポート様
ご教示ありがとうございました。
ver19にてご対応との旨、承知いたしました。
 
元の文章を引用して返信

スクリプト出力について 2020/07/07 18:06:17
                    ishi

OBの製品名 :SI Object Browser for Oracle 19
OBバージョン :19.0.0.0
OBのビット数 :64ビット

スクリプト出力で「テーブルスクリプトに従属インデックスも追加する」をチェックありにしても、従属インデックスが出力されないようです。
ご確認いただけますでしょうか?
元の文章を引用して返信

 
Re: スクリプト出力について2020/07/10 09:52:01  
                     OBサポート          oob.support@sint.co.jp

 こんにちは。
OBサポートです。

お問い合わせいただいた件につきましてですが、弊社環境で再現せず
また同様の報告がございませんため、原因がわかりかねております。

ご利用の定義内容等に依存して発生している可能性もございますため
恐れ入りますがサポート宛に以下の情報をお送りくださいますようお願いいたします。

・お持ちのシリアルNOおよび保守ダイジェストキー
・ヘルプメニュー > サポート情報の記載内容(対象DBに接続してご確認ください)
・該当テーブルおよびインデックスの定義内容(CREATE文)

何卒、よろしくお願い申し上げます。
 
元の文章を引用して返信

 
Re: スクリプト出力について2020/07/14 09:47:33  
                     ishi

 お世話になっております。ご返信が遅くなりました。申し訳ありません。

・お持ちのシリアルNOおよび保守ダイジェストキー
シリアルNOと保守ダイジェストキーとはどれでしょうか?プロダクトNOやライセンス認証KEYではなく?保守契約はしておりませんがいかがいたしましょうか。

なお今ほど、インデックス単体でスクリプト出力を試したのですが、スクリプト出力はされるものの、SQLファイルがゼロバイトのEOFファイルでした。
ですので、テーブルスクリプトに追加された(追加動作は正しい)のがEOF内容であった、が本現象のようにみえます。
 
元の文章を引用して返信

 
Re: スクリプト出力について2020/07/16 07:38:58  
                     ishi

 お世話になっております。
保守ダイジェストキーが不明ですが、その他の情報をお送りしました。
よろしくお願いいたします。
 
元の文章を引用して返信

(5/26更新)政府の緊急事態宣言に伴う在宅勤務実施のお知らせ 2020/05/26 13:00:00
                    OBサポート           oob.support@sint.co.jp

SI Object Browser ユーザーの皆様

平素は弊社「SI Object Browser」をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

新型コロナウイルス感染症に罹患された方々および関係者の皆様に
お見舞い申し上げますとともに、亡くなられた方々にお悔やみ申し上げます。

当社は、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、
首都圏、大阪、名古屋、福岡の全拠点において社員(パートナー社員を含む)の
在宅ワークおよび時差出勤を推奨してまいります。

つきましては、電話やFAXによるご連絡をいただいた場合、ご対応やお取り次ぎに
時間がかかる場合がございますので、以下のとおりメールにて
ご連絡いただきますようご協力をお願いいたします。

■実施内容
・全社員(パートナー社員を含む)を対象とし、業務上支障のない場合は極力在宅勤務を推奨
・社外の方々とのお打ち合わせ等は、オンライン会議を推奨
・取引書類、資料に関しては、郵便、FAXによらず電子ファイルでの送受信を推奨

■実施期間・実施事業所
・2020年5月26日(火)〜当面の間
・全事業所で実施

■お問い合わせ
上記期間中は、お電話による対応ができない場合がございますので、
製品保守に関するお問い合わせは、下記のメールアドレス宛にご連絡くださいますよう
ご協力のほどお願いいたします。

SI Object Browserシリーズ窓口
oob.support@sint.co.jp

SI Object Browser Designer窓口
obdz.support@sint.co.jp


なお、本件に関する状況につきましては、弊社ホームページにも詳細を記載しており、
最新情報を随時更新いたしますので併せてご確認下さい。

■株式会社システムインテグレータ ホームページ
https://www.sint.co.jp/

何卒、よろしくお願い申し上げます。
元の文章を引用して返信

バージョン違いOracleインポートでのエラー 2020/07/06 10:29:49
                    nakatan

SI Object Browser for Oracle 19を使用しております。

サーバのデータベース、Oracle11gからエクスポートし、Oracle12cインストールのWindows10(1909)でサーバへインポートすると

Oracleエラー 942が発生
表またはビューが存在しません
インポートビューがインストールされていません

と表示され、インポートが出来ません。

エクスポートは問題なく出来ます。

よろしくお願い致します。
元の文章を引用して返信

 
Re: バージョン違いOracleインポートでのエラー2020/07/07 13:58:50  
                     OBサポート          oob.support@sint.co.jp

 こんにちは。
OBサポートです。

お問い合わせいただいた件につきましてですが、SI Object Browserご利用端末の
Oracle Clientのバージョンがインポート先のOracle Databaseバージョンと異なる場合に
互換性の問題でエラーとなるケースがある模様です。

Oracle Clientとインポート先Oracle Databaseのバージョンを
同一にしていただいたうえでお試しいただけますでしょうか。

解決しない場合、技術調査が必要な内容となりますので
お手数ですが、以下の情報を添えてサポート窓口までお問い合わせくださいますようお願いいたします。
・お持ちの製品シリアルNOおよび保守ダイジェストキー
・SI Object Browser の ヘルプメニュー > サポート情報 の記載内容
・インポート画面の設定値(キャプチャ等でお送りください)

何卒、よろしくお願い申し上げます。
 
元の文章を引用して返信

EXCEL出力するとドキュメントの回復になる 2020/06/23 20:03:33
                    OB18User

■環境
 ・Winodows10 64bit
 ・Object Browser for Oracle 18 64bit
 ・Oracle client 12.2.0.1.0
 ・Excel 2019 32bit デスクトップアプリ版

■状況
 Object Browser でSQLを実行し、SQL結果からEXCEL出力を行う。
 出力したEXCELを開くと、必ず「ドキュメントの回復」が表示され、
 EXCELによって出力したファイルが回復された旨が表示される。

 (そのまま保存せずに閉じると、2回目以降は回復が表示されずに
  普通に開くことができる)

 対応方法が知りたいです。
元の文章を引用して返信

 
Re: EXCEL出力するとドキュメントの回復になる2020/06/25 16:47:29  
                     OBサポート          oob.support@sint.co.jp

 こんにちは。
OBサポートです。

お問い合わせいただいた件につきまして、弊社環境で再現させることができず
明確な原因はわかりかねますが、考えられる原因を記載いたしますので
ご確認いただけますでしょうか。

・Excel出力中に他のExcelファイルを開いている
 SI Object BrowserのExcel出力は、バックグラウンドでExcelを起動し
 出力を行う動作となっていますので、出力開始前にすべてのExcelを終了して
 改善するかご確認ください。

・アドオンにより正常動作していない
 Excelのアドオンにより、SI Object Browserで起動したExcelのプロセスが
 正常動作していない可能性がございます。一度アドオンを無効にして改善するか
 ご確認ください。

・アーキテクチャの差異に起因する
 Excelが32bit、SI Object Browserが64bitとのことですのでアーキテクチャの差異により
 Excel出力が正しく動作していない可能性がございます。
 Excelを64bitにしていただくなど、可能でしたら同一のアーキテクチャでお試しください。

何卒、よろしくお願い申し上げます。
 
元の文章を引用して返信

 
Re: EXCEL出力するとドキュメントの回復になる2020/06/29 18:11:45  
                     OB18User

 OBサポート ご担当者様

お世話になります。

ご回答ありがとうございます。
内容を試したところ、Excelのアドオン(弊社BIツール)が
原因という事がわかりました。

弊社側での原因ですので、こちらで対策を考えたいと思います。

ありがとうございました。
 
元の文章を引用して返信

再帰WITH句の後にWITH句を続けるとエラーになる 2020/06/23 12:49:23
                    雉トラ           h_ito@ctc-jp.com

SI Object Browser for Oracle 18 ReadOnly Editionを使用しています。
下記のように再帰WITH句の後にWITH句を続けて書くと、『SELECT 文以外の SQL 文を実行する事は出来ません。』というエラーが発生してしまい、SQLを実行する事ができません。
SI Object Browser for Oracle Ver.11 ReadOnly Editionを使用していた際には問題なく実行できていました。
SQL*Plusでは問題なく実行できます。
お忙しい所恐縮ですが、原因の調査を行って頂けますでしょうか。

WITH TEMP1(LVL
,TYPE
,OWNER
,NAME
,ID
,REFERENCED_TYPE
,REFERENCED_OWNER
,REFERENCED_NAME
,REFERENCE_PATH
)
AS (
SELECT 1
,TYPE
,OWNER
,NAME
,OWNER || '.' || NAME
,REFERENCED_TYPE
,REFERENCED_OWNER
,REFERENCED_NAME
,OWNER || '.' || NAME || '-' || REFERENCED_OWNER || '.' || REFERENCED_NAME
FROM DBA_DEPENDENCIES
WHERE OWNER = UPPER('SYS')
AND NAME = UPPER('V$SESSION')
AND REFERENCED_OWNER = 'SYS'
UNION ALL
SELECT T.LVL + 1
,DBAD2.TYPE
,DBAD2.OWNER
,DBAD2.NAME
,DBAD2.OWNER || '.' || DBAD2.NAME
,DBAD2.REFERENCED_TYPE
,DBAD2.REFERENCED_OWNER
,DBAD2.REFERENCED_NAME
,T.REFERENCE_PATH || '-' || DBAD2.REFERENCED_OWNER || '.' || DBAD2.REFERENCED_NAME
FROM DBA_DEPENDENCIES DBAD2
,TEMP1 T
WHERE DBAD2.OWNER = T.REFERENCED_OWNER
AND DBAD2.NAME = T.REFERENCED_NAME
AND DBAD2.REFERENCED_OWNER = 'SYS'
)
SEARCH DEPTH FIRST BY NAME SET ORDER1
CYCLE ID SET ISLOOP TO 'Y' DEFAULT 'N'
,DEPENDENCIES AS (
SELECT UPPER('SYS.V$SESSION') AS ROOT
,0
,NULL
,NULL
,NULL
,CASE LISTAGG(OBJECT_TYPE,',') WITHIN GROUP (order by OBJECT_TYPE)
WHEN 'MATERIALIZED VIEW,TABLE' THEN 'MATERIALIZED VIEW'
WHEN 'PACKAGE BODY,PACKAGE' THEN 'PACKAGE BODY'
ELSE LISTAGG(OBJECT_TYPE,',') WITHIN GROUP (order by OBJECT_TYPE)
END
,OWNER
,OBJECT_NAME
,0
,UPPER('SYS.V$SESSION')
FROM DBA_OBJECTS
WHERE OWNER = UPPER('SYS')
AND OBJECT_NAME = UPPER('V$SESSION')
GROUP BY OWNER,OBJECT_NAME
UNION ALL
SELECT UPPER('SYS.V$SESSION') AS ROOT
,TEMP1.LVL
,TEMP1.TYPE
,TEMP1.OWNER
,TEMP1.NAME
,CASE WHEN TEMP1.REFERENCED_TYPE = 'TABLE' AND DBA_MVIEWS.MVIEW_NAME IS NOT NULL
THEN 'MATERIALIZED VIEW'
ELSE TEMP1.REFERENCED_TYPE
END
,TEMP1.REFERENCED_OWNER
,TEMP1.REFERENCED_NAME
,TEMP1.ORDER1
,TEMP1.REFERENCE_PATH
FROM TEMP1
LEFT OUTER JOIN DBA_MVIEWS
ON TEMP1.REFERENCED_OWNER = DBA_MVIEWS.OWNER
AND TEMP1.REFERENCED_NAME = DBA_MVIEWS.MVIEW_NAME
WHERE ISLOOP = 'N' --訪問済みノードを表示しない
)
SELECT
*
FROM DEPENDENCIES
元の文章を引用して返信

 
Re: 再帰WITH句の後にWITH句を続けるとエラーになる2020/06/25 10:55:46  
                     OBサポート          oob.support@sint.co.jp

 こんにちは。
OBサポートです。

お問い合わせいただいた件につきまして、ご提示のSQLがORA-00918を返しており
再現確認はできておりませんが、SI Object Browser for Oracle Ver.12での
Unicode対応に伴い、データアクセスコンポーネントを変更したことに起因して
発生している可能性がございます。
※Ver.14にて、ReadOnly EditionでWITH句を含むクエリが実行できない問題を
 修正しておりますが、こちらの修正では対応しきれていない点があるものと推測されます。

上述のデータアクセスコンポーネントは、開発言語の提供元由来となっておりますため
大変恐縮ですが早急な対応は難しいものとなります。

正常動作するVer.11をご利用いただくか、実行したいSQL全体をインラインビューとして
記述することにより動作する可能性がございますので、ご検討いただけますと幸いです。

===
SELCT * FROM (
-- 実行したいSQLを記述
)
===

ご不便をおかけし、誠に申し訳ございませんが
何卒、よろしくお願い申し上げます。
 
元の文章を引用して返信

オブジェクトが表示されない 2020/06/19 05:53:57
                    moke

SI ObjectBrowser for sqlserver18のオブジェクトリストにオブジェクトが表示されず、オブジェクト0個となってしまっています。
SQL実行の画面のオブジェクトリストからはオブジェクトを確認できているのですが、ホーム画面のオブジェクトリストには表示されません。ObjectBrowser ver2.1では問題なく見れています。
元の文章を引用して返信

 
Re: オブジェクトが表示されない2020/06/19 13:46:28  
                     OBサポート          oob.support@sint.co.jp

 こんにちは。
OBサポートです。

お問い合わせいただいた件につきまして、同様の報告がなく原因はわかりかねますが
Ver.2と18で接続先が異なる(≒オブジェクトが存在しない環境を参照している)といった
ことはございませんでしょうか。

既定のインスタンス/名前付きインスタンスの違い等含め、
一度ご確認くださいますようお願いいたします。

解決しない場合につきましてですが、技術調査が必要な内容となり、
有償保守サポートの範囲内での対応となりますので、お手数ですが
以下の情報を添えてサポート窓口までご連絡くださいますようお願いいたします。

 ・お持ちのシリアルNOおよび保守ダイジェストキー
 ・ご利用のSQL Serverのバージョン

何卒、よろしくお願い申し上げます。
 
元の文章を引用して返信

<<先頭ページへ <前ページへ / 350 ページ次ページへ> 最終ページへ>>